総量規制外のカードローンを利用したときの体験談

以前銀行が提供するフリーローンのサービスを利用していました。自分はサラリーマンで、年収は300万前半です。某地方銀行にカードローンを申し込んだ時点では50万円の融資を目的としていました。5万借りるカードローンはもう利用済みでしたが、他に借り入れしている債務はなかったのでおそらく大丈夫と思いましたが実際その通りになり、後日カードが届いて利用することができるようになりました。急にお金が必要な訳ではありませんでしたが、持っていると便利と思ったのです。その後何回か利用することがあり、毎回利用した金額を数回に分けて返済していました。しばらくして今度はまとまったお金が必要になり、銀行の窓口に利用枠の増額を申し込みました。これに関してはネット経由でも大丈夫なようです。するとその時も審査が通り300万円まで融資可能ということが伝えられました。必要なお金はそこまでの金額ではなかったので、元々の枠である50万円にさらに150万円、計200万円の融資となったのです。後日知ったのですが貸金業法では総量規制というものがあり、消費者金融等では原則年収の3分の1以上のお金は借りられないのですが、銀行は貸金業ではないので各種ローン商品というのはすべて総量規制外なのでより多額の借り入れができるのです。僕は消費者金融と銀行の金利を比較してより低い金利である銀行を選んだのですが、年収の3分の1以上の金額にも柔軟に対応してくれ、この総量規制外のおかげで当時の僕でも多額のお金を借りることができたのです。